ぽろっぽー

旦那が好き過ぎて困る人の日記

無意識にまぶたを裏返す男

家で交換日記やってて、

時々、私がイラスト描くのだけど、

旦那さんが、私のイラストが好きなようなので調子に乗って4コマ漫画書いてみた。

 

今日は、旦那さんの話。


f:id:konohamama:20170815204549j:image

梅雨の中休み

梅雨入りした途端、すごい雨。

雷もすごいし、風も強いから家を出て会社着く頃にはびしょ濡れ…。

 

仕事も忙しいし、もぅ…やだ( ;∀;)

って思ってる時、

ふと空を見上げたら綺麗なうろこ雲。

 
f:id:konohamama:20170517234631j:image

 

明日もがんばろう。

巻くのは苦手だけどロールキャベツが食べたい!

ロールキャベツ好きだけど巻くのが難しい…ってことで、

KAGOME(カゴメ)からでてる「巻かないロールキャベツ」にチャレンジ!

 
f:id:konohamama:20170515223902j:image

 

巻かない時点で、「ロール」って付けていいのかわかんないけど…取り敢えず作ってみる!

 

材料は

キャベツ

挽き肉(合挽き)


f:id:konohamama:20170515224044j:image

 

レッツ調理!


f:id:konohamama:20170515224452j:image

 

チンしたキャベツに、味付けした挽き肉を乗せ、

さらにその上にキャベツをミルフィーユ風に乗せる。

最後に、KAGOMEの「巻かないロールキャベツ」のタレをかける~。

 

↓煮込む前。
f:id:konohamama:20170515224429j:image

 

蓋をして沸騰するまで待つ。

そのあと中火で15分煮込む(その間、時々タレを上からかけてあげる)。

 

完成しましたよ~!


f:id:konohamama:20170515224647j:image

蓋を開けた瞬間、トマトの良い香りがする!

切ると↓こんな感じ。


f:id:konohamama:20170515224739j:image

 

キャベツを巻くのが苦手な人でも家でロールキャベツ食べれるんだね~。

すっごく幸せな夕食になりました(о´∀`о)

タイ風焼きそば「パッタイ」は子供でも作れる

今まで、あまり新しい料理にチャレンジしたことなかったけど、

海外旅行好きの旦那さんと結婚してからは、色んな国の料理を食べるようになった。

 

そんな感じで、今日はパッタイを食べることに!

 

まず用意するのは、KALDI(カルディ)で買った↓このパッタイセット。

 
f:id:konohamama:20170511161302j:image

 

あとは、入れたい具材を追加購入。

 

私が追加したのは、

・もやし

・海老

・ニラ

・卵

・ピーナッツ

 

パッタイは9歳の娘が、ほぼ一人で作った。

多分、料理が苦手な人でも子供が作れるのなら…ってチャレンジしたくなるかも。

 

完成したのが↓こちら。


f:id:konohamama:20170511161539j:image

 

何となく雰囲気出したくてナンプラー置いたけど、全く使用してません(無くても美味しい)。

レモンは、サッパリするからあった方がいいな。

 

旦那さんは、レモンよりライムの方が良いって言ってたけど、

私はレモンの酸味でも十分美味しいと思う。

 

唐辛子は、パッタイセットに入っていたよ。

 

この辛味と、レモンの酸味は暑い沖縄にピッタリ!。

 

唐辛子入れなくても元々のソースに若干辛味が入ってる。

辛いものが苦手な私と小学生の娘も、その辛さは平気だった。

唐辛子も試しに少し入れたら凄く辛かった~。好みで辛さ調節できるのは嬉しいね。

 

また食べようっと♪

 


f:id:konohamama:20170511161833j:image

亜熱帯の植物で南国気分を楽しむ「東南植物楽園」

33年振りに「東南植物園楽園(とうなんしょくぶつらくえん)」に行ってきた。

 

大まかに施設は、

  • 水上楽園
  • 植物楽園

の2つに分かれている。

 

まずは、入口で山羊がお出迎えしてくれる。
f:id:konohamama:20170507164750j:image

 

とにかく人懐こい。

沖縄の人は山羊を食べる習慣があるから、今まで見てきた山羊は人間を警戒してたんだけど、

ここの山羊は撫でると嬉しそうな表情をする。

 

綺麗な黒髭をしていたので、三つ編みをしてみた。


f:id:konohamama:20170507165006j:image

 

こんなに山羊を撫でたのは人生で初めて。

おじー(祖父)の家でも山羊(食用)を飼っていたけど、全然触れなかったなぁ。

 

施設の中にもヤギ島ってのがあって、そこには4匹の山羊がいた。

 

 
f:id:konohamama:20170507165203j:image


f:id:konohamama:20170507165216j:image

 

この子達も人懐こい。

あまりに可愛くて撫でまくってたら、飛び乗られて洋服が土だらけになった…。

可愛いからと行って近付き過ぎるのも危険。

 

学んだこと。

山羊とは、程よい距離で接しましょう。

 
f:id:konohamama:20170507165357j:image

 

あちこちに蓮の華も咲いてて綺麗だったな。

ピンクと白。

家にこんなの咲いてたら癒されるだろうな~と思いながら眺めてた。

 

動物ふれあい広場では、ひよこ、モルモット、亀、アルパカ、二十日ねずみ、さる。

小動物がいっぱい。子供は喜んでた。

 

植物園では、大きなヤシの木など、

亜熱帯を感じさせる植物がいっぱい。

 

この日は、気温が高かったので、疲れが倍増。

 

f:id:konohamama:20170507170724j:plain

 

年寄りには堪える…。

そんな人のために、音声ガイドで園内を案内する周遊バスも用意されている。

動物とのふれあいを求めていない人は、最初からバスでも良いかも(利用料:300円)。

 

場所

 

料金(入園料のみ)

一般:1,500円
高校生:1,000円
小中学生:500円
6歳未満:無料

「沖縄こどもの国」でホワイトライオンを見るぞ!

GW真っ只中、沖縄こどもの国へ行ってきた。

 

駐車場が混むので、沖縄市役所とイオンライカムのシャトルバスが便利なのは知ってたけど、

お弁当持参してて荷物が多いから、どうしても車で行きかったので、

朝早くに家を出て行ってきた。

 

と言っても、着いたのは9時20分頃。

沖縄の人は、基本動き出すのが遅いので、

この位の時間に着いても駐車場に車は停められた。

 

まずは、期間限定で沖縄に来てるホワイトライオンの赤ちゃんを見てきた。
f:id:konohamama:20170505234242j:image

 

名前はまだない。

大人気の動物ではあるけど、上野動物園のパンダみたいに行列もなく、

ちょっと待てばすぐ見れる。

眠いのか?夏バテか?目がとろ~ん状態。

ホワイトライオンの赤ちゃんって言うから、猫サイズと思ったけど、

想像してたより大きかった。ライオンの子だからそりゃそうだ。

 
f:id:konohamama:20170505234454j:image

小象も居た。

鼻で水をすくって体にかけた後、

地面の泥水に寝転がって遊ぶもんだから、お客さんは大喜び。

サービス精神旺盛な小象ちゃん、ナイスなポーズをありがとう!!

 
f:id:konohamama:20170505234530j:image

キリンゾーンは、餌置き場とお客さんの距離が近いので、見てるだけで嬉しくなる。

 

f:id:konohamama:20170507164236j:plain

ワニ。

この子は、シャムワニって種類。生息数が激減しているらしい。

獰猛なイメージのあるワニより強い生き物がいるのか?と思って

wikipediaで調べてみたら、革製品として捕獲されているため激減しているんだとか。

一番獰猛なのは人間なのか…。


f:id:konohamama:20170505234556j:image

こちらはお食事中のカバさん。

隣の池がお掃除中なので、池の外でお掃除終わるまで待ってくれてる。

ちなみにカバは英語で「Hippopotamus」って言う。

単語が長すぎて未だに覚えられない。

 

ゆる~い動物園なので、のんびり見れた。

 
f:id:konohamama:20170506090802j:image

 

動物ふれあい広場では、

ひよこ、うさぎ、山羊、ひつじ、亀、モルモット。

娘の一番のお気に入りは、写真の通りひよこ。

 

毎回ここでひよこを抱っこするから、

慣れたもんでひよこも安心して寝てくれる。

 

f:id:konohamama:20170507164253j:plain

 

帰りにカラフルなわたあめを購入して終了。

 

GW期間中は、小学生は無料で入園できた。

行く度に変化が楽しめる動物園。

今も改築工事をしていたので、また今度行った時は新しいものが見れるんだろうな。

 

場所

 

営業時間

4月~9月は、午前9時30分~午後6時(入場は午後5時まで)
10月~3月は、午前9時30分~午後17時30分(入場は午後4時0分まで)

入場料金

大人:500円
中学生・高校生:200円
4歳以上~小学生:100円
幼児(3歳まで):無料

海軍司令部壕で平和を祈る

沖縄南部、豊見城市にある「海軍司令部壕」に行ってきた。

 

海軍司令部壕は、簡単に言うと

沖縄戦で日本軍が使ってた指令基地のこと。

最高軍事機密なので、民間人は近寄ることもできなかった防空壕らしい。

 
f:id:konohamama:20170505231340j:image

 

まずは、当時使われてた武器、

逃げ遅れ射殺された老婆の写真や、戦時中家族に宛てた手紙を見る。

その時点で空気は重い。

 

次に地下の指令部へ向けて出発。

 

f:id:konohamama:20170507162209j:plain

 

長い階段を抜けると、司令官室や作戦室、暗号室、医療室、発電機室…など、

地下には蟻の巣のように、いくつもの部屋がある。

距離にして450m。

それをつるはしで掘ったと言うから驚く。

 
f:id:konohamama:20170505231313j:image

 

f:id:konohamama:20170507162820j:plain

 

f:id:konohamama:20170507162834j:plain

 

当時のままの部屋が残っている。

 

一番衝撃だったのが、自決の跡が残る幕僚室。


f:id:konohamama:20170505231548j:image

 

生々しくて重く苦しい。

 

壕内は終始、説明のアナウンスが流れているんだけど、

自決があったのは、沖縄戦の終わる10日前位。

あと少し耐えてたら生き延びられたのに…って思うけど、

当時は、そんなことも考えずに大切な命を国のために捧げたのかな…。

 

外に出ると南国らしく綺麗なハイビスカスが咲いていた。

 
f:id:konohamama:20170505231850j:image

 

壕自体が高台にあるので、そこから見える那覇の景色が良かった。

 

景色の良い高台で当時の人は何を考えどう生きてたのか…。

 

うちの死んだおじーも戦争体験してるけど、

当時のことを多くは語らなかったな。

 

戦争のない世界であることを願うばかり。

場所

 

駐車場

無料

 

入園料

大人(高校生以上):440円。

子供(小中校生):220円。

未就学児:無料。

 

開館時間

開館時間:午前8時30分

最終受付:午後5時

閉館時間:午後5時30分(10~6月)

f:id:konohamama:20170505231103j:plain