ぽろっぽー

旦那が好き過ぎて困る人の日記

海軍司令部壕で平和を祈る

沖縄南部、豊見城市にある「海軍司令部壕」に行ってきた。

 

海軍司令部壕は、簡単に言うと

沖縄戦で日本軍が使ってた指令基地のこと。

最高軍事機密なので、民間人は近寄ることもできなかった防空壕らしい。

 
f:id:konohamama:20170505231340j:image

 

まずは、当時使われてた武器、

逃げ遅れ射殺された老婆の写真や、戦時中家族に宛てた手紙を見る。

その時点で空気は重い。

 

次に地下の指令部へ向けて出発。

 

f:id:konohamama:20170507162209j:plain

 

長い階段を抜けると、司令官室や作戦室、暗号室、医療室、発電機室…など、

地下には蟻の巣のように、いくつもの部屋がある。

距離にして450m。

それをつるはしで掘ったと言うから驚く。

 
f:id:konohamama:20170505231313j:image

 

f:id:konohamama:20170507162820j:plain

 

f:id:konohamama:20170507162834j:plain

 

当時のままの部屋が残っている。

 

一番衝撃だったのが、自決の跡が残る幕僚室。


f:id:konohamama:20170505231548j:image

 

生々しくて重く苦しい。

 

壕内は終始、説明のアナウンスが流れているんだけど、

自決があったのは、沖縄戦の終わる10日前位。

あと少し耐えてたら生き延びられたのに…って思うけど、

当時は、そんなことも考えずに大切な命を国のために捧げたのかな…。

 

外に出ると南国らしく綺麗なハイビスカスが咲いていた。

 
f:id:konohamama:20170505231850j:image

 

壕自体が高台にあるので、そこから見える那覇の景色が良かった。

 

景色の良い高台で当時の人は何を考えどう生きてたのか…。

 

うちの死んだおじーも戦争体験してるけど、

当時のことを多くは語らなかったな。

 

戦争のない世界であることを願うばかり。

場所

 

駐車場

無料

 

入園料

大人(高校生以上):440円。

子供(小中校生):220円。

未就学児:無料。

 

開館時間

開館時間:午前8時30分

最終受付:午後5時

閉館時間:午後5時30分(10~6月)

f:id:konohamama:20170505231103j:plain